からだサポートげんき

発達障害や障害でお悩みの保護者さま、児童発達支援・放課後等デイサービスは、一人ひとりにあった療育でお悩みの解消に努めます

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

信念が最高の療育を生み、子供たちの明るいミライを作ります

2020-09-05_10-58-33_786
いつもげんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございました。

先日見学いただきました保護者様にプログラム見学後すぐに契約のお日にちを決めていただきました。

誠にありがとうございます。

1154322

この保護者様のご要望は、からだを動かす、幅広い年齢の子供たちと遊んでほしい。

というものでした。

私は、げんきで行なっている

コーディネーション運動 …   同時に2つ以上のことを行いながら動く運動。マット運動・ラダーの運動など様々な運動で頭の血流を良くし、頭の働きをよくする。

368735

159642162103001

視覚トレーニング …   放課後等デイサービスで利用する独特のグッズを利用します。

2020-09-05_10-58-33_786

文字を揃って読む練習・言われた数字をそのまま覚える。逆に覚えるなどいろんな訓練を見てもらいました。

休憩時間を挟みソーシャルスキルかるた。をしました。

いろいろなトレーニングの後、お母様とお話していると、お母さんの我が子の将来に対する不安と、

1524493

普通級に行かせたいという前向きな思いが伝わってきました。





正直、私たちは、障害を持つお子様の療育のプロですが、絶対にこうなるということを断言できません.


けれど、私たちも人の子です。 お母さんの真心を見るたびに子供たちの生き辛さやできないことをどうやったら解決できるのかを日々必死で考えています。

例えば、毎日今日くるお子様の療育内容の確認。 

各子供ごとの療育内容のホワイトボードへの書き出し。

2020-09-17_19-22-39_726


  毎月1度の外部研修。

2020-07-10_10-55-02_802

2020-07-10_11-52-13_753

毎月行われる社内研修など、とにかく勉強しまくってます。

他の事業所の方にそんなに勉強して時間やお金が勿体無くない?


社員よく勉強会に参加してくれるね。 うちの施設はそこまでやれないなぁ。


と言われます。 





が考えてみてください。







学習塾には、成績が伸びることを期待して行かせるのに、放課後等デイはあまり結果を求められません。




おかしくないですか?




これからのげんきは、徹底的に保護者の要望に答える努力をします。

しあわせカンパニーの2施設(げんき・あゆみ)は北陸NO.1の顧客満足を目指します。

そして、すべての子供に明るいミライをお届けします。 これが、私たちの信念です。

あゆみ・げんきで今週も2件見学のご予約をいただきました。

ありがとうございます。今月来月で施設選びを完了させる保護者の方も多いようですので、ちょっとだけお急ぎになってくださいね。



     -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年09月21日 00:31

必見です!お勧めの本を紹介します。

Unknown
からだサポートげんきのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回のお話は、今まで読んだ本の中でも衝撃

3596948_s




を受けるくらい為になった本を紹介します。



奥田健次さんの「奥田健次の出張カウンセリング」です。



Unknown

1,430円です。

実は、この本のすごいところは、どちらかというと自閉症の傾向が強い子供たちにすぐに効果が出る対処方法を紹介しているところです。

例えば、オムツが取れない10歳の子供が一発でオムツが取れるようになった実話など様々な実践方法が、漫画で紹介されています。

画期的だと思いませんか。

すごく読みやすく、すぐに実践できるのが特徴です。

放課後等デイサービスの職員も知らなかった驚きが沢山詰まった良書でし。

ぜひ、自閉症のお子様のお父さん、お母さんに読んでいただきたい推薦図書です。

読んでみてくださいね。
2020年09月14日 23:48

誰も教えてくれない、放課後等デイの選び方。 知らないと損。Part2

1478663
誰も教えてくれない、放課後等デイの選び方。 知らないと損。Part2です。

前回は、気に入った施設を見つけてまずは電話をしてみた。

131480

この時に起こる悲劇についてのお話です。

1478663

実は、相談員さんが紹介してくれた、自分でホームページを探して気に入った施設を見つけた時に起こる悲劇は、みなさんが気にいるということは、他の保護者も気に入っている場合がほとんどなのです。

結果、定員いっぱいで通えない。こんな話をよく聞きます。

考えてみましょう。

状況1  期中の申し込みについて

他社のことは正確にわからないので、からだサポートげんき、キッズサポートあゆみの場合で考えてみます。

手前みそですが、2校舎ともほぼ定員いっぱいで人気のある施設だと言ってもいいのではないかと思います。

そんな状況でも、何人かのお子様は合わないといことでお辞めになります。そのお子様が抜けた分だけ施設に来ていただきます。

状況2 4月から来ていただくお子様の場合

人気のある施設の定員は10名。ほとんどが小学生だとして一年間で辞める子供の数は、毎日来ない子供もいるので25人登録していると仮定します。25人が、6学年いるので1年間で4.2人卒業します。


018972
人気のある施設は、10月の入学時検診終了後、1週間で3〜4名ほど見学申し込みがあります。

ということは、必ず、げんき・あゆみを選んでいただけるということでもないので、どんなに遅くても約1月間、年末12月ごろには来春入学の子供が決まります。

なので、就学前検診のタイミングまでにまずは施設の見学に行くことをお勧めします。

そうすれば、新1年生のお子様はある程度お気に入りの施設に通う事ができると思います。

悲劇を回避するには、みんなが動き出す前に施設を見学しておくことをお勧めします。


     -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年09月06日 21:02

誰も教えてくれない、放課後等デイの選び方。 知らないと損。

秘密 女の子
からだサポートげんきのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日は、意外と知られていない、放課後等デイサービスの選び方をご紹介しますね。

驚くかもしれませんが、げんきに見学にくる保護者(主にお母さん)に聞いてみると放課後等デイサービスをどうやって知りましたか?

とお聞きすると、この2つに集約されます。

1つ目は、相談支援員に紹介していただきました。

parents-children-receiving-counseling-public-health-nurse-clinical-psychologist

2つ目は、ホームページを探してここ良さそうだな。と思って問い合わせたいただいた。

428601


この2つに集約されます。

あとは、ママ友ネットワークを忘れていました。

131480

金沢市に、放課後等デイサービスは、すでに70軒近く存在しています。

この中から、1軒を選ぶのが難しいのは当然です。

そこで、提案したいのが、保護者が、子供にどうなって欲しいのかをまずははっきり決めると言う事です。



例えば、

1.  なかなか切り替えが出来ずに小学校に入学するのは不安。 

と言うのであれば何を売りにしている放課後デイを選べばいいのでしょうか?

→ 私だったら、運動系の放課後等デイをお勧めします。 理由は簡単、運動をする時に前の子供が競技を終了するまで待つ練習が自然とできる。

1569330

だから切り替えに運動は効果的なんですよ。 からだサポートげんきは、まさにうってつけとなるわけです。

落ち着きがない、座ってられない。などにも運動は向いていると言われています。


2.    他の子供とうまく遊べない。(自閉症の傾向の子供など)の場合は?

→ 他の人に興味がわかない。一人遊びが好きと言う子供であれば、ソーシャルスキルトレーニング(以下SSTという)をする施設をお勧めします。

例えば、キッズサポートあゆみ  などはうってつけです。

親子

3. 大自然で遊ばせたい。etc

2020-01-11_13-18-28_178

目的がはっきりすると放課後等デイは、選びやすくなります。

しかし、ここで問題が。 意外な事ですが、放課後等デイでホームページを充実させている施設は少ないのが現状です。

そこでまずは、 google,Yahooなどで「金沢市 放課後等デイサービス」などで検索してください。

乱暴に聞こえるかもしれませんが、ホームページを充実させていない施設は、情報不足なので思い切って諦めましょう。

施設に通った後も、子供の様子などが詳細に保護者に伝えられないかもしれないので。(間違っていたらすみません)

検索に引っかかったら、ブログなどで詳細に今日の子供たちの様子がわかる施設を選ぶのがいいと思います。

159645843855301

2020-08-27_13-46-36_868

なぜなら、ブログを更新できるというのは、毎日工夫を凝らした趣向で子供たちに療育をしている事が分かるからです。

療育の名の下に、毎日同じことばかりしている施設も多いので、ブログをチェックするのをお勧めします。

納得できたら、早速電話で問い合わせてみましょう。

実は、ここでも問題が...。

次回は、この時、起こりうる悲惨な運命についてのお話です。


     -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年09月02日 23:55

げんきの夏休み!能登金剛で遊ぼう編です。

2020-08-29_20-32-46_542
いつもげんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今日は、夏休み最後の土曜日なので、ちょっと足を伸ばして能登金剛に行ってきました。

金沢から1時間ちょっとの距離です。 

正直言えば、昔ながらの観光地で子供たちが遊ぶ遊具はありませんが、すごく綺麗な景勝地です。

能登金剛センターに車を止めて、巌門に行きます。

巌門に行くには、洞窟をくぐって行かなくてはなりません。

2-1

「この洞窟、こわーい!」と言う事で進めなかった子供もいましたが、

注意しながら進むとこのような風景が広がります。

2

この穴を通り抜ける歩道もあり、

みんな

「ドキドキする〜」

などと言いながらすすんで行きます。

2020-08-29_20-32-46_542

このコースを1周するとみんな汗だくに。

そこで、能登金剛センターに戻り、みんなで

かき氷やアイスなどそれぞれが選び涼を楽しんでいました。


2020-08-29_20-03-26_999

2020-08-29_20-03-08_146

2020-08-29_20-03-16_960

帰りの車は音楽聴いたり、寝ていたりと様々ですが、感想を聞くとみんな楽しかった。

と言ってたくれたのでよかった。よかった。


     -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年08月29日 19:50

遊びに行ってきました! 富山、稲葉山牧場編

いつもからだサポートげんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今回は、富山県の稲葉山牧場で遊んできました。

2020-08-23_12-32-55_135

最初に告白すると、遊びに行った水曜日は、お休みで公園で遊ぶだけとなってしまいましたが、先々週事前調査で行った時の写真を織り交ぜながら稲葉山牧場の楽しみ方などお知らせ出来たらと思います。

稲葉山牧場は、富山県の小矢部ショッピングモールの手前の道を金沢市からくると左に曲がります。

そして、車で3分?位走ったら左に稲葉山牧場の看板があるので左に曲がり山道を登ると山頂に大きな牧場があります。


ここは、動物と触れ合える建物と遊具で遊べる公園が併設されています。

今回、動物と触れ合える建物はお休みだったので、前回の視察の写真で説明します。

2020-08-23_12-38-21_653

私が行った日は、ヤギやウサギが飼われています。


2020-08-23_12-34-33_721

2020-08-23_12-34-46_393

もう一つの売りは広い公園です。遊具もあり子供たちには大好評でした。

2020-08-23_12-36-56_603

げんきの子供たちもこの通りとっても楽しんでいます。

2020-08-27_13-46-36_868

2020-08-27_13-46-48_607

他にも見どころがあります。

山頂にいある建物の屋上からは、富山平野が一望できます。

視察の日は天気も良く素晴らし景色が広がっていました。


2020-08-23_12-39-27_066

子供と行ったらきっと楽しめると思いますよ。

     -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年08月27日 13:26

げんきげんきげんきが一番!vol15 運動療育をご紹介

159645873504501
本日もからだサポートげんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

コロナでみんなの生活が制限される中、子供たちは運動不足になりがちです。

そこで、からだサポートげんきは、運動療育の施設の特性を活かし、子供たちの運動不足を解消する工夫をしています。

今日は、午前・午後に分けてハードル運動をしています。

午前の運動は、ハードルを上手に飛ぶためにラダーを使います。

159642116557101

を利用して、両足ジャンプや両足歩きをしました。


159642145973501

小さい子チームも上手です。

159642162103001
運動の後は、いつもの様に塗り絵をして集中力を高めます。


そして、視覚や空間識別能力を高める練習をします。(こちらはいずれ紹介します。)

午後は、本格的にハードルの練習です。

まずは、先生が午前中にした運動が、午後からのハードル運動にどう役立つのかを再び説明します。

その後、ハードルを円状に並べます。

159645756398301

まずは、倒さないようにゆっくりとハードルをまたいで歩く練習です。


159645773296001

次は、走って飛び越える練習です。

159645817857601

159645843855301

159645828087401

159645848851301

中にはふざけるこどももいますがOKです。 今は、参加してくれている事に感謝です。

お姉ちゃんの真似をして私も続けとばかりにジャンプ。

159645838410201

歩きに専念する子供も!

159645857577501
最後は、団体での競争です。

ハードルを2列に並べての競争です。

みんな本気モードで競争です。

159645873504501

勝負の結果どうなったか?が問題でなく。この競技を通じて

1. 順番を待つ。守って待つ訓練。

2. 正しく足を動かす訓練。

3. 勝負にこだわるのではなく、チームメイトを応援し、相手の気持ちを考える練習

になればいいのです。

     -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年08月23日 22:03

子供にとって最高の療育ってあるのでしょうか?

881932
いつもお読みいただき誠にありがとうございます。

からだサポートげんきの西尾です。

キッズサポートあゆみを始めてはや3年が経過しました。昨年末にこのからだサポートげんきを開始しました。

その間に様々な子供に会って、保護者にも色々な相談を受けてきました。

面接1

そこで、必ずと言って話題になるのは、将来子供が自立できるようになってほしいというものです。

確かに不安になるのも分かります。

1452555

しかしながら、保護者の皆さんはその方法を知らずにというか分からずに時間を過ごしているのではないでしょうか?

だからこそ、子供が大きくなればなるほど、将来への不安が膨らんで行くのではないでしょうか?

と偉そうに言っている私も実は、確実に自立できる方法なんてしりません。というか


ありません。



あるのは、ちょっとずつ確実にできることを増やしてあげることです。

それも、例えば自立するには、

1.  身の回りの掃除洗濯、着替え、買い物などをできるようになる。(身辺自立)

542c96f32389123efc2b938649ae5256_m-1_コピー

2.  電車・バスなどの公共交通機関に一人で乗車できるようになる。

617534

3.  人間関係をスムーズに過ごすことができる。(交友自立)

1383500

4.  仕事に行って困らない程度の学力をつける。

親子

5.  その他、子供ごとの悩みを解決し、自尊感情を向上させる。

694071

など子供ごとに自立に向けたプログラムを保護者と一緒に考えることが大切だと思います。

そこで、個別支援計画と連動したプログラムを考えています。

例えるならば、山登りです。


881932

山に登るには、

まず、登りたい山はどこか?を最初に決めます。 

富士山に登ってみたい。チョモランマ、K2に登りたいなど。

2040514_s

山が決まれば、山の大きさ、高さ、登山コース考える、難易度を調査するなど、山登りのための準備をします。

そして環境にあった、登山靴、ピッケルを買う。などなど。 

しかしながら、一旦登山が始まれば、問題山積で、その場にあった行動をとり、山頂を目指します。

2762921_s

子供たちの自立も一緒です。

自立という登山に向けて、まずはどうすれば自立と言えるのか?を考え、(子供ごとにゴール(山頂)の高さは全く違います)

1235264

次に、登山コース(自立コースする為のステップアップ方法、我が子の場合は、1.身辺自立  2. 働くに困らない程度の学力を身につけるなど、子供ごとにすることを考え)を考え、この時、どういう教材を利用して行くのか、を考えます。

問題(出来ないこと)があったら、どうしたらできるようになるのかを考える。

そうすることで子供たちの出来るを少しでも増やして自立での手助けを行う。これが我々放課後等デイサービスの仕事です。

そのstep upのための登山道を今研究中です。



 -------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。
   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)  担当 西尾(にしお)まで

2020年08月23日 21:55

げんきげんきげんきが一番!vol14 夏休みのげんきはすごい

2020-08-22_10-00-57_074
いつもからだサポートげんきのブログをお読みいただきありがとうございます。

コロナ禍で大変な中でも、子供たちはすくすくと育ち、勉強に頑張っている様子をお伝えします。


2020-08-20_11-33-36_607


夏休みのからだサポートげんきは、朝10時30分から授業が始まります。授業といっても塾のような勉強だけをするものとは全く違います。

児童発達支援・放課後等デイサービスは、色々な特徴をもった子供達が集まる場所なので学習塾のように同じ教材をみんなで使用する勉強はできません。

そこで、個別支援計画という半年間のプログラムを子供ごとに作ります。(個別支援計画の説明は時間がかかるので後述。)

そのプログラムを半年間行うのが、児童発達支援・放課後等デイサービスです。

夏休みは、この個別プログラム以外にもみんなで共通で取り組む運動プログラムや、

2020-08-12_13-04-38_087

2020-08-05_10-46-57_085

2020-08-06_14-39-15_952


視覚の訓練や空間識別能力を高める訓練など専門性の高い放課後等デイでしか行えない訓練をおこないます。



2020-08-22_13-29-47_236

2020-08-22_13-30-12_146

遊びたいよう!という子供の要望に応え室内工作

今回はダンボールでお家つくり

まずは、お家の外を絵で飾ります。

2020-08-21_10-33-44_910

その後、子供達が中心となり組み立て作業に入ります。

ダンボールだけでお家を建てることは難しいので、どうやったらお家が建つのかをみんなで考えます。

今回は円柱の細長いダンボールがあったのでこれを柱にします。

2020-08-22_13-44-19_864

途中、ひょっこりと現れる顔が…。

2020-08-22_13-44-48_108

先生も子供たちの餌食になることもあります。

2020-08-22_13-44-15_224

みんなで建てたお家が完成。記念写真を

2020-08-22_13-43-49_272

お家も完成して、みんなで後片付けという時に

子供達の笑い声が、後ろを振り返ると

2020-08-22_16-02-55_367

段ボールを再利用して大砲が立っていました。


そう言って笑っているとまた笑い声が

2020-08-18_11-30-33_683

次はおにの出現です。

子供たちの想像力には脱帽です。


他にも、外出しての水遊び,
千里浜に行ってきました。当然ですが、他のグループに10m以上の距離をあけての遊びになります。

2020-08-18_14-16-54_669

2020-08-18_14-18-36_148


他にも夏のげんきには楽しいことがいっぱいあります。


 -------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。
   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)  担当 西尾(にしお)まで

2020年08月23日 07:39

環境整備しています。

2020-08-12_11-24-29_523
からだサポートげんきの西尾です。
今回は、施設の環境整備を紹介します。
気になったらすぐに直すがモットーの私は、今回もまた目に付く点がありましたのですぐに施設の環境整備を行いました。


気になったのは、このドア。
皆さんには、どう映りますか?
(すみませんが、ちょっと作業した写真しかありませんが)

2020-08-12_11-24-29_523

段差が気になる。 確かに段差が気になりますよね。

今回は違うんです。 工場勤務の人ならすぐに分かると思いますが、戸が開く範囲に子供がいると危険なので立ち入り禁止ゾーンを作ります。

点はまず、ドアの開閉スペースを調べた範囲です。

次に写真の様にドアの開閉範囲より多めにビニールテープで範囲を区切り、どの職員が見ても、子供たち自身でも危険ゾーンを認識させます。

こんな感じです。

2020-08-12_11-53-57_870

これでまた一つ子供たちの安全が確保されました。(運用次第ですが…。)


 -------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。
   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)  担当 西尾(にしお)まで

2020年08月12日 19:12

〒920-3124
石川県金沢市荒屋1-107

076-255-0027
営業時間 10:00~19:00

サービス提供時間:
13時30分~17時30分(月〜金)
10時~16時(祝日)

ブログカテゴリ

モバイルサイト

からだサポートげんきスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら