からだサポートげんき

発達障害や障害でお悩みの保護者さま、児童発達支援・放課後等デイサービスは、一人ひとりにあった療育でお悩みの解消に努めます

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

げんきの療育 お玉でボール on 平均台。難しい〜よ〜!

いつもげんきのブログを読んでいただきありがとうございます。

小学一年生の女の子に「社長ちゃ〜ん」と呼ばれているN社長です。

1356056

今回は、お玉でボール on 平均台。です。

ルールは、簡単。けどやってみると難しいのがこの競技です。

準備するものは、お玉とすべりやすいボール、そして平均台の3つだけ。

まずは平均台を歩く練習をします。



体が慣れてきたら、お玉の上にすべりやすプラスチックのボールを載せます。

そして、小さな子供は先生が手を引いて平均台の上をお玉を持って歩きます。

こんな感じです。

2020-10-26_22-36-56_113

見た目より難しい。

2020-10-26_22-36-42_958

2020-10-26_22-36-11_751



お兄ちゃんになると一人で平均台の上を歩きます。

この通り

2020-10-26_22-37-07_090

小さな子供も大きな子供も難しいそうです。

この遊びに似た運動は、コーディネーション運動と言います。

2つ以上の運動を合体させた運動で、

お分かりかと思いますが、平均台を歩くだけよりよっぽど難しい。


1567126


げんきの運動は、基本このコーディネーション運動を中心にしています。

ただ運動するだけならあまり効果がありません。




今回の療育のまとめ

1.  平均台の上を歩くことで体幹が鍛えられます。

2.  球を落とさないように集中力が養われます。
     


げんきでは、楽しく学べる運動を心がけています。


-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年10月26日 22:34

雨の中ですが、ドライブand足湯and遠足で楽しみました

いつもからだサポートげんきのブログをお読みいただきありがとうございます。

昨日の土曜日は、私の思いつきでドライブに出かけることになりました。

193357

いつもの土曜日は日課と言って運動や勉強や視覚のトレーニングをしていますが、

今日は、遊びたい衝動に駆られ子供に相談したらみんな意見が一致して遊びに行きたいとのことだったので、

足湯に行こうとなりました。




290483


ただし、足湯にただ行くのも楽しくないので、旅といえば駅弁じゃないけど美味しいものをつまみながらの旅もいいと思い

私が大好きなアルプラザ津幡のたい焼きを人数分買い込み、いざ出発!



1741476



このたい焼き、たい焼きずきの私がいつも食べたくなるお勧めたい焼きです。



どうです?この食べっぷり。


2020-10-24_17-28-57_843

2020-10-24_17-29-01_219



みんながたい焼きを食べている車内は、静寂に包まれています。

そうしている間にも車は足湯へ。


金沢と小矢部の山の中にある足湯です。しってます?

無料で楽しめる足湯温泉「天神の湯」です。

2020-10-24_17-28-04_164


みんなで仲良く温泉と言いたいところですが、

まずは、Kくんがお湯を「バシャーン!」の洗礼で足湯は始まりました。

2020-10-24_17-27-20_222

その後も、キャハキャハ言いながら楽しく足湯を楽しみました。

2020-10-24_17-27-51_832



2020-10-24_17-27-27_498

2020-10-24_17-27-14_854

ワイワイガヤガヤ子供たちも楽しんでいましたが、数人いらっしゃった他のお客さまも暖かく子供たちを、見守ってくれて一安心でした。

午前中の小遠足ですが、楽しかったとみんなが喜んでくれて本当に良かった!

これから寒くなりますが、楽しい思い出を作れたら最高です。





なんでだろう?子供が喜ぶと大人も楽しくなる。

なんでだろう?子供のことが大好きで大好きで堪らなくなる。


なんでだろう?

------------------------------------------------------------------------------------

からだサポートげんきでは、子供たちを大募集しています。

げんきのことちょっとでも気になったらお気軽にお問い合わせください。


施設名  からだサポートげんき 
住所   金沢市荒屋1−107
電話番号 076-255-0057  
Mail        kspgenki@gmail.com
担当 西尾
2020年10月24日 14:52

嬉しい、嬉しい、嬉しいです。

いつもげんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今日の送迎時に、あるお母さんから言われた言葉が嬉しすぎてブログで感謝を述べたいと思います。


実は、頑張り屋さんのk君。 最初にげんきに通い出したころは、運動が苦手で、運動が始まると寝転んだり、

058845

横の部屋に逃げ出したりしていましたが、


今ではこのように、運動に取り組んでくれています。

2020-09-04_16-38-34_061


そして、今日お母さんから「近頃、体育の授業が好きになったみたいです。ありがとうございます!」って言って頂きました。

嬉しすぎます。だって、k君頑張って頑張って、頑張って運動してくれたんです。

本人の努力が実ってきたんですよ。

私たちが感謝されるのではなく、本人を思いっきり褒めてあげたいです。

見てあげてください。カッコよくありませんか。

ラダーを使った運動もこの通り。今では得意の一つに。

2020-08-12_13-05-46_671




足を高く上げて元気よくマット運動も

2020-08-12_13-06-24_365



待つことだってできています。



2020-09-04_16-38-04_840


子供って可能性が無限です。

そして、このような仕事につけてしあわせでしょうがありません。

げんきの子供たち、本当にありがとう! 大好きです!



    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

施設名  からだサポートげんき 
住所   金沢市荒屋1−107
電話番号 076-255-0057  担当 西尾
2020年10月21日 18:42

からだサポートげんきの取り組みをご紹介させていただきます

いつもからだサポートげんきのブログをお読みくださりありがとうございます。

しあわせカンパニーでは、毎月NGOの  「 WORLD VISION  JAPAN  」のサマール地域開発プログラムに寄付をしています。

この寄付は、皆様からの毎月の売上の一部を活用させていただいております。

この団体に寄付させていただくことで、一人の子供が幼稚園や小学校に通えるようになり、学問を学び、自力で今住んでいる貧困地域から抜け出し、負の連鎖から抜け出すことができるかもしれません。この手助けをするのがサマール地域開発プログラムです。

そして、このプログラムで寄付する子供を自分で決めることができます。 簡単に言うと里親のようなイメージです。

そして、しあわせカンパニー(げんきの運営会社)は、フィリピン🇵🇭在住のアシュレイちゃんを選ばせていただきました。


皆さんの善意の子供、アシュレイちゃんは、現在フィリピンの貧困地域に住んでいます。

そしてこの子を選んだ時は、まだ3歳でした。 

できるだけ小さなうちから教育を受けることができると将来きっと立派な大人になってくれるんじゃないかなぁ。

と言う思いでこの子に寄付しています。


この子が、アシュレイちゃんです。


2019-10-14_23-32-34_351


このプログラムの仕組みは、

sitename02

アシュレイちゃんの親に、子供を学校に通わせるお金がなく、そこで両親がNGOにアシュレイちゃんを地域の幼稚園・学校に行かせたいので、誰か世界中でアシュレイちゃんを学校に行かせるためのお金を寄付してくれる人を探して欲しいと依頼し、弊社、しあわせカンパニーがこのプログラムでアシュレイちゃんを指名し、毎月寄付し、そのお金でアシュレイちゃんは学校に通えるようになりました。 

これがプログラムの仕組みです。




ワールドビジョンジャパンのプログラムの趣旨は、


2019-10-14_23-33-08_073

と言うものです。

このプログラムは、キリスト教系のNGOで、毎月子供が学校に行っているか現地調査をしてくれており、親が勝手にお金を流用できない仕組みになっていて安心できます。

今も年に2回アシュレイちゃんからとっても可愛い手紙が来ます。

お返しに手紙と鉛筆・ノートなども送っています。

何気無い日常の中に、しあわせカンパニーが一人の子供の成長を手助けしているという幸せを感じています。



今までなんだか恥ずかしく、お伝えしませんでしたが、ちょっとでも皆さんから頂く売上を未来のある世界の子供に還元したい。

からだサポートげんきに通う子供だけでなく、世界にもう一人からだサポートげんき・あゆみが貢献できる子供がいて欲しい。

こんな想いを子供・保護者様にも共有していただけたら幸いです。

 

    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

施設名  からだサポートげんき 
住所   金沢市荒屋1−107
電話番号 076-255-0057  担当 西尾
2020年10月21日 00:37

今日も見学にお越しくださりありがとうございました。

からだサポートげんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

本日は、幼稚園の年中さんの男の子と保護者様、弟さんに見学に来ていただきました。

保護者様のニーズは、ちゃんと療育をしてくれる施設がいいとのことで、保護者様自らホームページを見て、


428601




からだサポートげんきを見つけてくださったそうです。

誠にありがとうございます。





まずは、簡単にからだサポートげんきの特徴を説明させていただきました。




1. 体を動かすことが脳を大きく、正しい姿に育てる。



368735




2. 子供ごとに担当制になっており、子供を責任を持って先生が見守り、その子にピッタリの療育を考えることでより効果的な成長を期待できる。



711990




3. 子供の明るい未来のために、保護者様、児童本人から希望を聞き、幼稚園、小学、中学と真摯に向き合って行きます。


1235264



これらの事をお話ししているうちに授業が始まりました。


今日はマット運動を行いました。




年中のお子様も最初は、運動しないと言っていましたが、お友達がするカエルとびをみて、


マットTさん



自分も出来ると思ってくれて、何と初日で一緒にマット運動に参加できました。




「 エライ! 」


113990




運動療育の後の勉強時間でもそれぞれにピッタリの教材を利用した療育やお子様によっては宿題をするなどの活動を見ていただきました。


最後は、ちゃんと自分で出してきた本やおもちゃを自分でおかたずけしていただきました。



773440

お母さんの子育てが上手なんだな。と感心しました。



そして、帰りにまた来たいとお子様が言ってくれたので、まだ正式にお子様の通所が決まった訳ではありませんが、きっとこのお子様は来て頂けると期待しています。そして子供にピッタリの施設だと思います。



 -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年10月20日 00:20

放課後デイに求められていることって何だろう?

からだサポートげんきのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

保護者様と子供の会話で、最近ちょっと気になることがあります。

いつもの様に帰りの車に子供を乗せて保護者様と簡単な立ち話をすると決まって保護者様が子供に問いかけることがあります。




「〇〇くん(ちゃん)、今日もげんきさん楽しかった?」


聞き耳




「ん?」


457041



ほとんど保護者様の第一声がこの言葉です。

今まで、あんまり気にせずに聞いていましたが、近頃妙に気になるようになってます。

私たちは、施設で子供たちの将来のために運動を通じて体を鍛え、脳を大きくし、子供の明るい未来を届けることを目的にしてきましたが、もしかしたら保護者の皆さんとズレが生じているのかな?って思ってしまします。


そこで、より注意深く会話を観察していると、やっぱり








「〇〇くん(ちゃん)、今日もげんきさん楽しかった?」

聞き耳



実は、多くの保護者様のニーズは、一旦子供が放課後デイに通いだすと、楽しいかが重要な要素になるんだなぁ。


と短絡的に考えるのは間違いです。



げんきでやっていることを信じてくれているから、子供には


「〇〇くん(ちゃん)、今日もげんきさん楽しかった?」となるのかな?



放課後デイに求められていることを自分なりに整理すると、

保護者様は、

1.  契約時の療育内容の実行と結果を求めている。
2.  楽しい時間を過ごしてほしい。  の主に2つ

子供は、
1.  療育よりも楽しく過ごしたい。 ←   何と言ってもこれに尽きます





療育の内容は、保護者様から見えにくいので、子供との会話で毎日感じられる



「〇〇くん(ちゃん)、今日もげんきさん楽しかった?」となるんだと思います。


そこで、げんきでは、子供により楽しい時間を過ごしてもらえるように運動療育の内容をより楽しいものに改良して行きます。

そして、保護者様にいつでも笑顔で



「今日もげんき楽しかった!」

笑顔

と言ってもらえるように職員でプログラムを練り直します。

ちょっとした会話の中に保護者様、子供のニーズが隠されていることを再認識しました。



そろそろ、来年の新一年生のお子様が動き出す時期です。

げんきでは、新1年生のお子様の受け入れを開始しています。 

お気軽にお電話ください。


 げんきでは、差があってもいいので一歩一歩できることを増やす努力を、子供本人、保護者、職員がしています。

 -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年10月18日 23:20

放課後等デイサービスの見学とは。何を見聞きすればいい?

からだサポートげんきのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、ホームページや相談員さんからの紹介で、見学をしたい場合は、どうすればいいのかを簡単ですが紹介しますね。

基本的に、10月11月は、新入学1年生が、来春からの放課後等デイを探す時期と言えます。

つまり、保護者様は放課後等デイを真剣に探し始めます。

このことは、放課後等デイも承知しており、保護者様からの電話を首を長くして待っています。

では、具体的にどうやって見学の予約をするのか?

答えは簡単。

まずは、気になっている施設に電話をしてみましょう。


1456049

そして、見学の意志を伝え、見学日時を決めます。

この時、施設からは、どのような点に困っていますか?や受給者証を持っていますか?など聞かれると思います。


例えば、からだサポートげんきや姉妹校のキッズサポートあゆみでは、受給者証を申し込んでいなければ、相談員さんのツテはあるかを確認し、なければ、保護者様に承諾を得た上で、相談員さんをあらかじめ紹介できるように準備しておくなど見学までに施設で様々な準備をしてくれます。

(全ての施設が、こうであるかは不明ですが…。)

保護者様が気になる点は、この電話で確認するのも一つです。

この電話予約を終了したら、次は見学です。

見学は、意外な落とし穴が潜んでいます。 







それは、





車の中ではげんきだった子供が、施設の入り口でいきなりぐずり出したり、慣れていない場所が怖いせいか早く帰ると泣き出したりといろんなトラブルが発生します。

1684861

施設の指導員は、慣れたもので驚きもしないのですが、保護者様が焦ってしまうことが多々あります。

まずは、入り口をスムーズに通り過ぎるために子供に「施設ってすっごく楽しいところ。」だと伝えていただきたいです。

そして、入り口を無事通過できたら、次は、各施設のプログラムに参加です。

ここも実は、難しいところです。

発達障害やグレーの子供たちなど、何らかの障害を持つ子供は、自分がプログラムに参加できるかを横から「ジ〜」と見ています。


自分も参加できそうなら参加してくれるし、

1336789


ちょっと無理かなぁ。となると参加しません。

たった、これだけのことなので、指導員は無理強いしません。ちょっとプログラムに参加すればできるようになるので、

この時点では参加を強要しません。

子供に楽しいところだと理解してもらえば成功です。


施設の方に毎日どんなことをしているのかを確認し、ニーズに合っているのかを確認し、ニーズに合っていれば、次は教材を見せてもらいましょう。

必ず、施設には教材が揃っているので、どんな教材を利用し、どういう効果が期待出来るのかまで確認しましょう。


親子


そうすれば、安心して子供を預けることができます。

もし、ニーズに合っていないとなれば、他のデイを探すのもアリかと思います。

簡単ですが、見学の申し込みと見学時の注意事項を説明しました。参考になれば幸いです。



げんきでは、差があってもいいので一歩一歩できることを増やす努力を、子供本人、保護者、職員がしています。

 -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年10月12日 00:52

土曜日は、みんなでクッキング!カレー作りです。

げんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。


今回は、10日土曜日のカレー作りについてのお話です。

950533




げんきでは、ソーシャルスキルトレーニングの一環として、クッキングをしています。

ソーシャルスキルトレーニングって何? という方に豆知識です。

ソーシャルスキルトレーニングとは、社会生活に必要な訓練という意味です。

今回のカレー作りも、日常生活で必要なことですよね。



そこで、げんきのカレー作りは、玉ねぎやニンジンの皮むき、

1647609


お肉の炒め、カレー粉の投入と味の確認、ご飯やカレーを盛り付ける係、お皿やスプーンを洗って片付ける係など最初から最後まで自分たちでやってもらいます。

1012516


当然職員の手助けはありますが、必要以上に職員は手出ししません。

目的は、将来一人暮らしできるようにする。というものだから時間がかかっても必要以上に手助けをしません。

ちゃんと出来なくても次回はきっとできるようになると信じています。


そして、カレー企画は、子供たちにも大人気で、追加で6名の子供たちが参加してくれることになりました。

楽しいことすると子供たちがいっぱい参加してくれるので嬉しいです。

ソーシャルスキルトレーニングには、掃除機を使った掃除や、買い物など無数にあります。

げんきでは、差があってもいいので一歩一歩できることを増やす努力を、子供本人、保護者、職員がしています。


 -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年10月08日 01:04

一緒に働きたい仲間を一生懸命誘っています。届けこの想い。

げんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今回は、先日ある放課後等デイサービスの児童発達支援管理者の経験者の方との話しを書かせてもらいます。



この方は、20代の女性で訳あって今は放課後デイで働いていませんが、あまりにも優秀な方なので、一生懸命にげんきで働いてもらえないか誘っています。

この方、噂以上の優秀さということが話しているだけでわかります。



それと、優秀な人は子供に対してとにかく


498615


この方と話しをすると話しが面白いほど一致します。

まず私が 「子供の可能性は無限大だから、本気で子供のしあわせを追求する施設を作りたい。

そのために、絶対に子供をしあわせにしたいと思う人材を今集めてるんだよ。」


2061403


Aさん「施設は、本来子供がしあわせになるためのお手伝いをする場所ですよね。

子供のしあわせって人それぞれでいいし、子供が楽しく人生を送るとこができるお手伝いって、本当最高ですよね。

けど、実際は、売り上げや子供集めに一生懸命になってた自分もいたんです。」


私「僕も経営者だから、わからないことはないよ。 けど、ある時から考え方を変えて、施設に子供が集まるようになったんだよね。

まず会社の使命に、【 全ての子供に明るい未来を届けることを使命とする】

とあるんだから、もう一度熟考して子供のしあわせの定義と施設方針を自分の中で確立したんだよ。

それが、【 げんきは、子供が明るい未来・笑顔でいっぱいの人生を送ることができるように、朗らかな心と生活に困らないように身辺自立ができるようになって、バスや電車、買い物など一人でできるようになるように職員一同本気で取り組む施設を作り、情熱あふれる職員が子供を本気でサポートするように徹底する。って決めたんだ。

正直まだまだ目指す完成度の1割程度かもしれないけど、本気で子供に体当たりする職員を集めてる。

だから、俺の夢に乗って一緒に北陸一番の施設作りに協力してほしい。 」と頼みました。




1275309



そしたらAさん「久しぶりに燃えてきた。確かめておきたいことがあるんですけど。 社長本気でこの事業続けるんですね。

社員を幸せにできますか? 社員がしあわせにならないといい施設はできませんよ。社員を幸せにする社長になってください。大丈夫ですか?

社長が私たちをしあわせにしてくれたら、私たちは、子供たちを幸せにする努力をしますので。」







ほんと、さすがです。ものごとの本質で話しをしてくる。



私「うちの会社はしあわせカンパニーっていうの知ってる?

俺は、会社作るときに、自分自身、家族、社員、子供達、保護者全員をしあわせにするという決心で、

この会社を、 しあわせカンパニーって名付けたから。安心して。約束する。」

Aさん「私のために将来、理想の校舎を一軒建ててください。そこでやりたいこといっぱいあるから。」
139028

さすが優秀な方は、言うことが違うな。と感心しました。

感心しながら即答で「 理想の校舎を作ってあげる。2、3千万円くらいかかるかもしれないけどAさんほど優秀な人のためならお金なんて惜しくないし、Aさんならスッゲーいい施設運営してくれるだろうし、 OK。」と。

Aさんは、自分の理想の校舎像まで頭に描いているんだなぁ。 子供のためなら、どこまでも本気なんだなぁ。

Aさんの両親、見たことないけどすっごく素晴らしい方なんだろうなぁ。Aさんにいっぱい愛情を与えてきた方なんだろうな。

本当の愛情を知ってるAさんになら、子供たちをしあわせにできると思う。

こんな優秀で熱い方に仲間になってほしいなぁ。

1009237

そしたら、北陸で一番の施設に一歩近づける予感大です。

今いる社員も熱い方ばかりです、一人でも多くの子供にしあわせを届けられるように、会社を大きくし、しあわせの輪を広げられるように子供を第一に考える仲間をこれからも探して行こうと思っています。

それが、子供のしあわせにつながるのだから。

会社内のお話でした。




 -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年10月03日 00:14

げんきの授業Vol.2

げんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今回は前回に引き続きげんきの療育って何してるの PART.2 「勉強編」です。


155240292675301

運動は楽しく体を動かし脳に血流を流し、頭をよくすることが目的でした。

勉強は、ちょっと違います。



そこで、げんきでは

1.  勉強の内容は、個人別プログラムの製作を始める予定です。(まだ未完成なので偉そうなこと言えませんが)


凸凹の子供は、できるできないの幅が大きい子供を指します。

そこで、例えばデジタル時計の読み方の練習でいえば、

1. コイン集めゲーム … まずは数字のコインを集めます。

0001 (9)

2.1~12  までの数字を理解しているかの確認をします。

0001


3.次にデジタル時計の絵に1で出力した数字を切りとり、指導員に言われた時間を時計に入れます。

f2523dab-05e8-4163-85f5-6adad4ab267a-1

4 確認の意味を含め、「時」「分」のないデジタル時計を準備します。

デジタル時計-1


5.そして、指導員の言う通り何時何分を入れてもらい学習はおしまいです。

このように確実に子供が学べる仕組みを使います。



2. 身辺自立(身の回りのことをできるようにすること)は、こんな感じで進めます

①靴下履く練習をして ②服を着る練習して ③ 服を畳む練習をすると目標を決めて行きます。

視覚のトレーニングや簡単な作業訓練もしています。

これも、身辺自立のプログラムに沿って行います。

げんきの勉強は、取り組み中のプログラムが出来るようになるまでやり切ります。

そして、家とげんきが同じプリントを行い一緒にお家でも取り組んでもらうこともできます。

そうすることで、保護者の皆さんに進捗状況も把握して頂きます。


 -------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2020年09月25日 12:41

〒920-3124
石川県金沢市荒屋1-107

076-255-0027
営業時間 9:30~18:30

サービス提供時間:
14時~18時(月〜金)
10時~16時(祝日)

ブログカテゴリ

モバイルサイト

からだサポートげんきスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら