からだサポートげんき

発達障害や障害でお悩みの保護者さま、児童発達支援・放課後等デイサービスは、一人ひとりにあった療育でお悩みの解消に努めます

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

げんきの療育 土曜日のメニューは濃い  Vol.2

いつもげんきのブログをお読み頂き誠にありがとうございます。

ブログ管理人のNです。

676616

土曜日の療育は、無茶苦茶濃い療育です。

土曜日は、朝からの夕方まで時間が長いので、充分に時間をとってレベルの高い療育をしています。

前回に引き続き午後の流れを説明します。



午後は13時30分から前回説明したコーディネーション運動をおこないます。

興味のある方は、前回のげんきの療育 土曜日のメニューは濃い Vol.1をご覧ください。

159645848851301

その後簡単に学習を行います。宿題であったり、げんきで用意するプリントであったりと

その子その子にあった教材を工夫して行います。



その後 「 ソーシャルカルタ 」 をします。

ソーシャルカルタ知ってますか?

あんまりメジャーではないので知らないかもしれませんのでお見せしますね。

2021-02-25_12-41-07_841

このカルタが優れているのが、社会のルールをカルタで習えるところあります。

子供たちは、カルタで負けたくないので一生懸命に覚えます。

その結果、社会のルールを自然に覚えます。

みんなそらで、カルタを暗唱できるようになります。子供ってすごいですよね。

なかなか勝てない。

「 チキショー 」


3d3cc8112127ad5b6798dd0d48e31

その後は、自由時間に入ります。

朝からいろんな療育を行い先生はクタクタですが、子供はまだまだ遊び足りないという感じで

友達と仲良く遊びます。

土曜日の一日は、かくも充実しています。


からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。


からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月24日 01:26

げんきの療育 土曜日のメニューは濃い  Vol.1


いつもげんきのブログをお読み頂き誠にありがとうございます。

ブログ管理人のNです。

676616

土曜日の療育は、無茶苦茶濃い療育です。

土曜日は、朝からの夕方まで時間が長いので、レベルの高い療育をしています。

まずは、簡単に午前中の流れを説明します。

1. お遊びタイム … 友達と遊ぶことでコミュニケーション力を育みます。

2. コーディネーション運動 … 脳を活発化させる運動です。

3. 学習 … 学習といっても、塗り絵、ビジョントレーニングや空間識別訓練、音読、文字をまとまりで書く訓練など

を順番に行います。



1. まず、施設に来たら、恒例のお遊びタイムです。


1383500

朝から晩まで学習や運動では気が滅入ってしまうと思うのでまずは自由時間を設けて遊んでもらいます。

遊びはダメなの? そんなことはありません。 遊びの中には、子供同士のコミュニティを図る上で大切な要素がいっぱい詰まっています。

発達障害や知的障害のお子様の中には、コミュニケーションを図ることが苦手なお子様がいっぱいいます。

そこで、子供同士が連携して遊ぶように促すことで、徐々に子供の輪に入る練習をします。

また、からだサポートげんきは、学年が保育園から高校生まで幅広く在籍しているので、学校のように同学年としか遊ぶのではなく、いろんな人と関わりを持つので、自然とコミュニケーション力が高まります。

また、ただ遊ぶのではなく、個別支援計画に沿った関わり方を学ばせる工夫もあるので、より効果が期待できます。

学業だけでなく、コミュニケーション力をつけることも自立には大変重要になります。



2. コーディネーション運動


1066152
次に、運動を始めます。といってもただ運動するわけではありません。

げんきは、脳にとっていい運動をしています。


 

コーディネーション運動です。


コーディネーション運動を簡単に説明すると、2つの動作を行うことで脳の発育を促すという運動です。


例えば、平均台の上をおたまにボールを乗せたまま歩く運動

2020-10-26_22-36-42_958

これは、足元を気をつけながら歩く運動ですよね。

2つの動作を一度にする運動です。



しっぽ取り競争なんかもそういえます。

2019-12-26_10-53-20_655

走りながら、しっぽをとったり取られないようにするなど2つの運動を同時にします。

遊びばっかりではないですよ。

2020-07-29_14-52-14_721


跳び箱の練習なんかもします。 多種多様な運動の練習をしています。



3. 学習時間です。

まずは、運動で汗をかいた後に塗り絵をします。

えっ、塗り絵?と思われる方も多いかもしれませんが、塗り絵ははみ出さないように注意しながら色を塗るので注意力を育むことができます。

2021-02-13_11-05-12_225

次は、ビジョントレーニングや空間識別訓練を行います。 子供たちも慣れたものでどんどん進みます。

2021-03-12_23-06-58_224

2021-03-12_23-07-04_366

2021-03-12_23-07-38_797

これにはちょっとした工夫があります。ここがこの学習の最大の効果を引き出すポイントですが、ポイントを知りたい方は、げんきの見学にお越しください。

次は、音読の訓練です。

ただ音読するのではなく、みんなと調子を合わせて読む、一行ずつ先生と生徒で分けてよむなどの工夫をしています。

大きな子供は先生役を買ってでることもあります。

2021-02-06_14-03-00_306

次に、文章をまとまりで書き写す訓練です。

2021-02-06_13-51-19_912

ここまでが簡単な午前中の流れです。

げんきは、勉強ばかりではありませんよ。ここまで書くと、興味はあるけどうちの子供にはレベルが高すぎるわ!

との意見もあるかもしれませんが、今いることども少しずつ成長してここまできたので、興味があれば是非ご連絡ください。

子供の能力は無限大です。ぜひお問い合わせください。

次回は、土曜日の午後編をレポートします。 興味を持っていただければ幸いです。

からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。


からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月21日 14:11

げんきの養育 ふわふわ棒で楽しくホッケー編!

いつもげんきのブログをお読み頂き誠にありがとうございます。

ブログ管理人のNです。

676616

今日の療育(運動)は、発泡スチロール製のふわふわ棒でホッケーをしました。


今回の運動の効果は、

1.  全身運動になります。(やってみて分かりましたが、むちゃくちゃ疲れます。)

2.  棒でボールを思い通りに運ぼうするので、思い通りにいかず集中します。

3.  遠近感が鍛えられます。

では、競技についての説明をしますね。

準備するのは、発泡スチロール製の棒とナイロンボールです。

近頃何かとよく活躍するのが発泡スチロール製の棒です。

ダイソーで100円とリーズナブルでありながら怪我なく遊べる道具にもなります。


例えば、スイカ割りでも活躍していた万能棒です。

2021-03-10_23-06-59_488

それと小さめのビニールボールを使います。

ルールは簡単です。棒とボールを使ってホッケーをします。(といっても手足で直接ボールを触ってはいけません)

まずは、ルールを理解してもらうために先生も参加した2対2のゲームをします。

棒は、チームがわかりやすいように同じ色を使用します。



2021-03-20_11-23-35_595

次に、子供たちの2対2

2021-03-20_11-21-31_027


みんな頑張っているので応援する方にも熱がこもります。

次は、1対1でゲームをします。

2021-03-20_11-28-38_235


1対1はとにかく手が疲れます。強く叩かないとボールが跳ね返らないので思いっきり棒で叩くので本当に疲れます。

その時、手だけでなく全身を使っているので疲れます。 それに、ふわふわ棒とはいえ、相手に当たればそれなりに痛いので、相手にも当たらないように棒を振るので、すごく集中力が付きます。

この競技は、全身運動になり、それでいて相手のことも気に掛けるという様々なことを同時に考え行動する、コーディネーション運動になります。

すごく楽しみながら見た目以上に疲れる全身運動です。

すごく盛り上がること間違いなしです。


からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。



からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月21日 00:09

げんきの療育 金沢市の受給者証を取得するには Vol.3

いつもげんきのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログ管理人のNです。

2444190

今回は、前回に引き続き金沢市の受給者証を取得するには?Vol.3です。

今回は最終回となります。

前回は、調査員さんと相談員さんが金沢市に書類を提出していただく所までをお話ししました。

次に通所サービスの決定通知書及び受給者証が金沢市から郵送で送られてきます。

その日から児童発達支援・放課後等デイサービスを利用できます。

1478577 (1)

長々と書いてきましたが、再度言います。

最初から相談員さんに書類を作ってもらうのが一番簡単で早く、確実です。

そのために、行きたい放課後等デイを探して、そこで紹介してもらうのが一番という結論です。

金沢市以外もほとんど一緒な流れです。ただし内灘町は、町が相談員さんを紹介する仕組みですのでお気をつけください。

疑問などございましたら各自治体に直接ご相談ください。

金沢市障害福祉課


内灘町役場福祉課

津幡町役場福祉課


からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。



からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月19日 18:01

げんきの療育 金沢市の受給者証を取得するには?Vol.2

いつもげんきのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログ管理人のNです。

2444190

今回は、前回に引き続き金沢市の受給者証を取得するには?Vol.2です。

前回は、受給者証を種つくするには主に3つの方法があり、その中でも放課後等デイサービスから相談員さんを紹介してもらい、相談員さんに申請手続きを依頼するのが一番確実で、一番楽です。とお伝えしました。

今回は、受給者証の申請をした後にどのような手順があるかをお知らせします。

157075244860201

これが、金沢市が作った取得までの流れです。

前回は、1の通所サービスの申請までの話を書きました。

今回は、その後の話を書きますね。

この用紙の前提は、金沢市への最初の相談申請は、保護者がすることになっていますが、前回お話ししましたように、先に相談員さんを選び、申請手続き全てを依頼することが私が話す前提になっています。

相談員さんに申請書を提出してもらうと

098096



約1週間後に金沢市から


2. のサービス等利用計画書作成に関する案内と申請書が郵送されてきます。

この郵便物が来たら、相談員さんにそのまま渡してください。この郵送物をもとに相談員さんは3で説明する障害児支援計画を作成するために必要なようです。





その約1週間後


3.  の児童の面接が行われます。

事前に金沢市から依頼された調査員と面接日を決めていただき面談をします。

面接1

その調査員さんが、金沢市に面接内容を金沢市に伝えます。

これと並行して相談員さんに障害児支援計画を作成してもらって金沢市に提出してもらいます。

098096

ここからは、また明日説明しますね。

色々大変かとは思いますが、相談員さんの指示に従って作業してくださいね。


からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。



からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月18日 07:53

げんきの療育 金沢市の受給者証を取得するには?

いつもげんきのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

ブログ管理人Nです。

2444190

今回はちょっと時期が遅いかもしれませんが、受給者証についてのお話です。

児童発達支援・放課後等デイサービスに通う場合に、受給者証が必要ですと言われますが、受給者証って何のこと?

ということで、ネットで確かめても難しくてわからない。


1452555

という人向けに分かりやすく書いてみますので、あまり細部にまで踏み込みませんが、受給者証を取得して、児童発達支援・放課後等デイサービスに通うための簡単な方法を書いてみます。

まず、放課後等デイサービス向けの受給者証とは、各自治体が発行するもので、通所(学童のように通う施設)向けに発行されます。


なので、国の発行する療育手帳とは全く違います。(多くの方は、当初療育手帳があれば放課後等デイを利用できると勘違いされます。)

なので、療育手帳を持っていない人でも受給者証を金沢市に申請すれば取得できます。

と言っても、発達障害やその傾向のある人、ダウン症などの方が対象になるので、当然ながら誰でも取得することはできません。

しかしながら、生活に支障が出ている子供であれば取得できる可能性は高いです。

そこで、保護者の方が受給者証を取得するための流れを簡単に説明しますね。

082027

放課後等デイサービスに通うには、まず自治体(金沢市等)に受給者証を申請する必要があります。

しかしながら、自治体の窓口に行き受給者証を申請するのは結構大変です。



そこで!


受給者証の取得方法のおすすめ順は



1.  通う予定のデイ(子供を通わせたいと思う放課後等デイ)に行って受給者証を取得したい旨を話すと、デイの人が、相談員さんを紹介してくれます。

その相談員さんに受給者証の申請を任せれば、あとは相談員さんの指示に従えば手続きをして受給者証を取得できます。

parents-children-receiving-counseling-public-health-nurse-clinical-psychologist

間違いなくこれが一番簡単で早い、受給者証の取得方法です。

*受給者証を取得した後に放課後等デイに行くためには、相談員さんをつけなくてはいけないので、先に相談員さんを選んで、受給者証の申請を頼むのがおすすめです。



2. 金沢市に行って自分で申請をします。 正直なかなか面倒くさいと保護者から聞きます。

見学
  


3.  相談支援事業所に直接頼みに行く。 金沢市に行って相談員さんを紹介してくださいとお願いするとリストを渡されます。

 その中から自分で電話をして相談員さんになってくれるように依頼します。

検索 女性

以上3通りが主な取得方法です。



どれも1月程度の期間がかかりますが、やっぱりおすすめは1番。

げんきの保護者様が初めて受給者証を発行するときは、ほとんどの方がこの方法を採用しています。

ぜひ、簡単にそして確実に受給者証を取得するのにお役に立てれば幸いです。


からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。



からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月17日 17:28

げんきの療育 今日は避難訓練を行いました。火事編

いつもからだサポートげんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

ブログ管理人Nです。

2444190


今回は、今日の避難訓練の様子をお伝えします。

我々、放課後等デイサービスは、年間2回以上の避難訓練をすることになっています。

そこで、今日は、子供たちと職員全員で避難訓練を行いました。

設定は、げんきの隣の会社から火事が起き避難するという設定です。


121053


まずは、子供たちには内緒ということでしたが、職員たちに役割分担を伝える時に、避難訓練をすることがバレてしまいました。


子供たちは、何が起きるかワクワクして待つという変わった避難訓練になってしまいましたが、

まずは男性職員Kの

「火事だ〜!」

2427460

から避難訓練は始まりました。

その後は、火元の確認をする職員、子供を入り口で誘導する職員、館内に子供が残っていないかを確認する職員など役割を果たしました。

子供たちをげんきから避難させ、子供の数を確認し、森本中学校へ避難をしました。

512707

2021-03-16_16-36-22_061

最後に職員同士で反省会をして訓練は終了です。

訓練してみて、出来ていない現状が浮き彫りになりましたのですぐに改善活動に入ります。


からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。



からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月16日 22:55

朗報! げんきの療育 金沢市の支給日数が増えます。

いつもげんきのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

ブログ管理者Nです。


今回は、保護者の皆様および我々事業者にも大変嬉しい情報をお知らせします。


916005



1.基本支給量(上限)
  (現行) 20日/月 → (拡大後)(予定) 23日/月

※変更後の支給量は、原則として変更を決定した日の属する月の翌月の初日から適用しておりますが、今回の支給量の変更について、4月末までに変更申請があったものは、4月初日から変更いたします。
 






118165

金沢市は今まで支給量(1月に何日利用できるか?の日数)を最大20日としてきました。

(長期休暇を除きます)

が、令和3年4月から20日から23日に拡大することになりました。

ということは、3月のように31日ある場合、土日で8日間であと3日間放課後等デイをお休みしなくてはいけませんでしたが、

31日ー20日=11日 (土日8日+自主的な休み3日)



23日あれば

31日 ー 8日(土日で8日)=23日利用可能となり、土日以外毎日利用できるようになり、お母さんの負担が軽減されることになります。

なのでとってもお得な情報となります。




あと気になる申請ですが、


3.支給量変更に際し必要な書類
(1)障害児通所給付費支給変更申請書兼利用者負担額減額・免除等変更申請書

は、自分で作成する前にまずは相談員さんにご相談ください。きっと申請をしてくれると思います。

又は、からだサポートげんきまでご連絡ください。 対処いたします。(げんきに通っている保護者さま限定)


今回の利用日拡大は、保護者様の仕事上の負担軽減になりますので是非この機会に利用日を拡大してはいかがでしょうか?


からだサポートげんき 及び キッズサポートあゆみも同様の対処をいたしますのでご相談ください。


からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。



からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月15日 08:16

げんきの療育 ある子供のひらがな習得について!編

ひらがな あ
げんきのブログ管理人Nです。


2444190
今日は日曜日ということもあり、今後のイベントや遊びに行く公園など一人でドライブしながら散策してきました。

子供にぴったりの公園や遊び場所を見つけるのも私たちの役目です。子供に楽しい思い出を作って欲しいですからね。

keron


話は大きく飛びますが、

今回は、げんきもお休みということで、文字が読めない子供の勉強法をある学校の先生に聞いたので紹介しますね。

小学1年生で、ひらがなを全部読むことができない子供について、学校の先生にいい教え方ありませんかね?と相談したところ、


460422

私たちの学校では「ひらがなのカードを見せて、あいうえの順に並べさせて理解しているひらがな、理解していないひらがなをまず把握して、わかっていないひらがなを教えています。そうすればやみくもに文字を教えることもないし、成長も早いです。」とのことでした。

確かに、文字が読めないと言っても全部が分からない訳ではなくて、分からないひらがなもあるということなので、まずはわかる、分からないを把握してひらがなを教える。

さすがベテラン先生!素晴らしいの一言です。

いい案が浮かんだので早速取り掛かります。

090754

そこで、げんきでもひらがなカードを作り、ひらがなのお勉強を開始。

まずは分からないひらがなを把握して、わかっていないひらがなのカードを準備します。


早速 
Try!


ひらがなカードをこのように作成し、


ひらがな あ



半分に切断します。  ラミネートも忘れずに!


ひらがな あ左    ひらがな あ右

子供たちは、このひらがながもし読めなくてもアンパ⚪︎んの絵があれば文字が読めなくても文字が「あ』ということは把握できます。



まずは成功体験を積んで欲しいので文字に慣れることから始めます。

次に「あ」を理解したなぁと先生が判断したら、

2021-03-14_19-27-36_513

を見せて「このひらがななんて読む?」と質問し、「あ」と答えたら、「すごいね!」とほめまくります。

この調子で、ひらがなを教えています。

子供によっては、覚えやすいひらがな、覚えにくいひらがながあるようで簡単にはいきませんが、気長に子供たちと楽しみながら一文字づつ覚えていこうと思っています。


子供たちがひらがなを1文字覚えた時の満足そうな笑顔☺️とっても素敵です。



この笑顔があるから先生はがんばれるのだと思います。

先生方、なんだか文字の教え方も上手になってきたね。と半分ほくそ笑みながら子供の成長、先生の成長を眺めています。


からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。



からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月14日 18:57

新入学生の保護者の皆様へ 決まりましたか?放課後デイ

2021-03-12_23-07-15_939
げんきのブログ管理人Nです。

2444190

今回は、3月中ばということで、新入学生の保護者さまへのお知らせです。

小学校に子供のお迎えに行くと卒業式の練習をする6年生の姿が見受けられます。

その1月後には、新入学生・ピカピカの1年生がげんきにも4名入学予定です。

087100 (1)

これで、新1年生と2年生で9名が通ってくれることになります。ありがたいことです。

そこで、もう一度、放課後等デイサービス選びをするにあたり大切なポイントを書きますね。

そろそろ放課後等デイサービスを選ぼうかな。という遅めスタートの保護者向けの内容です。



そこで、基礎知識として

放課後等デイサービス(以下「放課後等デイ」という)は、金沢市では人気のある施設、人気のない施設の2つに大きく分かれています。

人気のある施設は、ホームページで電話を調べて見学に行くとすでに定員オーバーや、何曜日の週1回、2回の利用が可能と言われることになります。

人気のない施設は、いつでもOK。となります。

実は、この2つの施設には大きな壁が横たわっています。

わかりますよね。




その通りです。


放課後等デイサービスの集客は、

1. 相談員さんからの紹介

2. 保護者ネットワークからの紹介

3. ホームページで調べる。

の3つでほぼ100%となります。

つまり、多くの保護者にとって放課後等デイ選びは紹介からなんですね。




ここからが重要です。

げんきでも金沢市内のある小学校の特別支援級の子供のほぼ全員が、げんきと姉妹校のあゆみに通ってくれています。

その小学校の保護者がお友達にオススメしてくれたのが始まりです。


1004225

これって何言いたいかというと、人気のある放課後等デイは、口コミで紹介が起きるので子供の数が少なくなることがなく、いつも子供がいっぱいいることになります。

人気の放課後等デイに勝手になるんです。

人気のない放課後等デイは、施設でやっている療育が相談員・保護者にとってあまりいいものに映らないので、紹介がないんですよね。

だから、人気の放課後等デイに通うことをオススメします。



387518

人気施設の裏側には、表面上ではわからない、選ばれる深〜い理由があります。



急いで選ぶとなかなかいい施設を選ぶことができませんので、ハズレのない選び方を紹介しました。

*げんきは、人気があるので毎日通っていただくのは結構厳しいものがあります。

週3回程度ならまだ調整可能です。 週4回以上お望みの保護者様には、姉妹校のキッズサポートあゆみと合わせてご利用されることをオススメします。



からだサポートげんきでは、笑顔と運動の両立を目指しています。

そしてげんきで笑顔をいつも絶やさない子供を一人でも多く増やして行きたいと思っています。



からだサポートげんきのホームページはこちらから
-------------------------------------------------------------------------

   

げんきの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-255-0027)

担当 西尾まで

2021年03月13日 22:25

〒920-3124
石川県金沢市荒屋1-107

076-255-0027
営業時間 10:00~19:00

サービス提供時間:
13時30分~17時30分(月〜金)
10時~16時(祝日)

ブログカテゴリ

モバイルサイト

からだサポートげんきスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら